顔のシミの種類

  • HOME
  • 顔のシミの種類

顔のシミの種類とは?

一口に顔のシミといっても、シミにはいくつかの種類があります。年齢やシミが出来る原因によってシミの種類が異なっているので、この項でシミの種類や対策についてお話していこうと思います。

老人性色素班

まずは老人性色素班。これは、日光黒子とも言われており、昔浴びていた紫外線が原因で出来るシミです。40代以降にでてくる事が多く、褐色のシミで頬など紫外線の当たりやすい場所に出来てくるのが特徴。顔だけでなく全身に出来たりもします。

炎症性色素沈着

次に炎症性色素沈着。これは、かぶれやニキビなど皮膚が炎症を起こした後に出来るシミです。紫外線に当たるとさらに悪化してしまい、シミが酷くなります。基本的にはターンオーバーで自然に消えていくのでそれほど気にしなくて良いでしょう。ただ、加齢や体調不良などで新陳代謝が衰えていると治りにくい事もあります。

また、ニキビが出来ている状態の時にかきむしってしまうと、後でケアしても取れない痕となってしまうので、絶対に掻かない様にしましょう。

脂漏性角化症

これは高齢の人に多くみられる少し盛り上がったシミです。黒や茶色といった色が多く、シミの中に混在して出来ている場合がほとんどです。

また、脂漏性角化症だと思ったら悪性の腫瘍だったというケースも意外と多いので、判断に困った時は医師の診察を受ける様にしましょう。


上記が主なシミの種類となります。シミの種類によって効果のある化粧品が違ってくるので、自分はどのタイプのシミなのかをハッキリさせてからケアを施す様にしましょう。そうする事で、より効果的なシミケアを施す事が出来ます。