顔のシミと肝斑(かんぱん)の違い

  • HOME
  • 顔のシミと肝斑(かんぱん)の違い

顔のシミと肝斑(かんぱん)の違いとは?

肝斑とシミは別物?!その違いとは?

顔に出来ているシミ。実は、シミだと思っていたらシミではなく、肝斑だったという事もあります。シミと肝斑ではケアの方法が違ってくるので、シミと肝斑の違いについて理解しておきましょう。

まずはシミについて説明をしましょう。シミは紫外線が原因で出来ます。その為、シミ取り化粧品を使ってお手入れをしていく事で、改善する事が出来ます。

一方の肝斑ですが、これはホルモンバランスの乱れが原因と言われています。妊娠初期や月経終了後など機関によって出来やすくなるので、スキンケアをしていても出来てしまいます。

肝斑のスキンケアは?

スキンケアを万全にしていても出来てしまうという点が肝斑の厄介なところですね。では、どうしたら肝斑を防ぐ事が出来るのでしょうか。正直、ホルモンバランスの乱れによるものなので、防ぐのはかなり難しいです。

紫外線が原因であれば日焼け止めを塗ったり日傘をさして紫外線から肌を守るだけで良いのですが、体内に原因のある肝斑では外部からのケアはほとんど意味を成しません。そこで気をつけたいのが私生活です。

体内に問題があるのであれば、体内の環境を良くするしか方法はありません。肌のータンオーバーを促せる様に早寝早起きを心がけたり、食生活に気を付けてバランス良い食事をとるなどが必要です。

日常生活から積極的に改善を

この2つを徹底するだけでもかなり効果があるでしょう。逆に、この2つを行わないでいるとどんどん肝斑が出来てしまい顔中がシミだらけになってしまいます。

シミと肝斑は外見こそ似ていますが、出来る原因と対処方法が違うので、どっちか分からない時は皮膚科に一度診てもらうのが確実と言えます。かんぱんも含むシミにはハイドロキノンが良いとのことですので、安全性の高い配合化粧品を試してみるのもおすすめです。

肝斑(かんぱん)にはハイドロキノン配合化粧品

アンプルールラグジュアリーホワイトは新安定型ハイドロキノン配合で今あるしみ・肝斑を消したい方に特におすすめ。強力だけど刺激が強く不安定で扱いにくいと言われるハイドロキノンを独自の技術で安定化しており、それをメイク落としから日焼け止めまで全てのアイテムに配合。更にコラーゲン・プラセンタなど14種もの潤い成分もたっぷりで美白だけでなくふっくら潤い肌に導きます。肝斑の美白だけでなくエイジングケアも気になる方におすすめですよ。トライアルセットは7点、ラインで試せてお得です。
【送料無料 1,890円(税込)】

肝斑に悩む方にもおすすめのビーグレン。最新医療レベルの浸透力を化粧品に応用したビーグレンの美白コスメには、シミに強力に働きかけるハイドロキノンを配合、できてしまった濃いしみもケアできると大人気。また予防という観点からもシムホワイト377・ビタミンC誘導体がメラニン生成をブロックしてする、もやっとした肝斑にも働きかけてくれる心強いコスメ。トライアルセットがあるのでまずは自分のお肌でその実力を確かめてみてはいかがでしょうか。
【送料無料 1,890円(税込)返金保証つき】