顔のシミ消し・日焼け後のケア方法

  • HOME
  • 顔のシミ消し・日焼け後のケア方法

顔のシミ消し・日焼け後のケア方法とは?

日焼けはやけどと同様

シミが出来る一番の原因は日光による紫外線です。日光が一定量肌に当たると日焼けという形で症状が出てくるので、日焼けをしたと思った時は直ぐにお肌のケアを行って下さい。

お肌のケア方法がいくつかあるのでそれを紹介したいと思います。日焼けをするという事は、お肌が軽いやけど状態になっている事が考えられます。

とにかく『冷やす』

火傷をしたら直ぐに冷やすと思いますが、日焼けの場合も同様でとにかく冷やして皮膚の熱を取り去る様にしましょう。氷水で冷やしたり保冷剤を皮膚の上に乗せたり、氷水で冷やしたタオルを巻くなどして皮膚の熱を取る事に専念して下さい。

しっかり水分補給・保湿をする

あと、日焼けをした後は皮膚の水分がなくなっているので、しっかり保湿する事も大事です。角層の水分不足が深刻な問題になっているので、肌がカサカサな状態になっています。刺激が少なくて保湿効果の高い化粧水を肌につけて肌を潤わせるようにすればトラブルを回避できると思います。

日焼け後は上記の2つを徹底して行えば大きな肌トラブルに繋がる事はないと思います。ただ、日焼けの症状が酷く一定ラインを越えてしまうと上記のケアでは症状を抑える事が出来ません。

症状が悪ければ皮膚科に

皮膚のほてりや赤み、腫れを確認した時は自分であれこれと処置をするのではなく、皮膚科に診てもらうようにしましょう。自分で改善しようとする試みも大事ですが、症状が酷い時に自力で改善しようとすると逆に悪化するので、おかしいと思ったらすぐに皮膚科に行くようにしましょう。