顔のシミ取り化粧品

顔のシミ取りってどうやるの?

顔のシミを消すにはいったいどうしたらいいの?当サイトではできる原因を知り対策を探るとともに積極的にケアするための方法を徹底検証!手っ取り早い皮膚科やエステでのレーザー・フォトフェイシャルの他、シミ消しクリームが人気ですが、新しいものを作らない為にも美白に優れた化粧品で毎日のスキンケアから輝く白肌を目指すのもおすすめ。一緒に透明感あふれる素肌を目指してみませんか?

ビーグレン美白が狙い目!値段が高い…とあきらめていた人に!

ビーグレン

ビーグレンハイドロキノン配合でケア!

ノーベル賞級の保湿が自慢のコスメ・ビーグレンは濃いシミや肝斑に悩む方におすすめホワイトニング成分『ハイドロキノン』配合、負担少ない処方なので未経験の方は一度試してみる価値アリ、ですよ☆

顔のシミ取りで人気の化粧品ランキング

美白成分をしっかり見極めて選ぶコスメランキング

アンプルールラグジュアリーホワイトは新安定型ハイドロキノン配合で今あるしみを消したい方に特におすすめ。強力だけど刺激が強く不安定で扱いにくいと言われるハイドロキノンを独自の技術で安定化しており、それをメイク落としから日焼け止めまで全てのアイテムに配合。更にコラーゲン・プラセンタなど14種もの潤い成分もたっぷりで美白だけでなくふっくら潤い肌に導きます。トライアルセットは7点、ラインで試せてお得です。
【送料無料 1,890円(税込)】

最新医療レベルの浸透力を化粧品に応用したビーグレンの美白コスメには、しみに強力に働きかけるハイドロキノンを配合、できてしまった濃いものもケアできると大人気。また予防という観点からもシムホワイト377・ビタミンC誘導体がメラニン生成をブロックしてくれるので、未来の、そして今あるしみにも働きかけてくれる心強いコスメ。トライアルセットがあるのでまずは自分のお肌でその実力を確かめてみてはいかがでしょうか。
【送料無料 1,890円(税込)返金保証つき】

「深く」「早く」実感できると口コミ評判のPOLAホワイティシモ。角質層を潤いで満たし透明感を高めつつメラニンを生み出すメラノサイトにアプローチし生成を抑制。美白成分「ビタミンC誘導体」のほか、ポーラ最強美白成分「ルシノール」配合の複合ブライトカプセルのEXラインや「居座るメラニン対策」のホワイトショットもおすすめ。ベーシックケアはトライアルセットでお試しできますし体の中から透明感をつくるサプリメントなども人気です。
【送料無料 トライアル3,150円(税込)】

エイジングケアが気になる方に人気のアスタリフトのホワイトニングシリーズ。基本のラインナップであるアスタリフトハリ肌スキンケアの潤い成分「アスタキサンチン」「三種のコラーゲン」はそのままに、更に美白有効成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」を配合してメラニンを作るのを抑制してしっかりアプローチ。表面だけではなく角質まで働きかける「深美白」とハリ感がポイント。化粧水・エッセンス・クリームのトライアルです。
【送料無料 1,000円(税込)】

基礎化粧品だけでなくメイクながらでも「美白」ができると人気のクリアエステヴェール。シミを抑制する「プラセンタ」配合で、シミそばかすの原因となるメラニン生成を抑制。コラーゲン・ヒアルロン酸・スクワラン・アロエベラエキスなど肌の潤いを守る美容液成分もたっぷり入っているのもポイント。また大小の微粒子パウダーと艶パウダーで「目立つしみ」を光を拡散させてしっかりカバー。シミしわ毛穴を隠して崩れにくい上美白もできる嬉しいファンデーションです。
【送料無料 返金保証 5色展開3,990円(税込)】

顔のシミ取りで失敗しないために

もし出来てしまったのなら・・・

ふと顔を見たら昨日まではなかったはずのシミ…。自分の顔に発見した時のショックは言葉で言い表せないものがあります。

そこで、私たちはなんとか消そうと夢中になるのですが、理想からいうと出来る前にシッカリとしたお手入れをしたいところです。

ただ、出来てしまったものは仕方ないので、少しでも早くなくなる方法を考えていきましょう。まず皆さんが取られる方法はシミ取り化粧品を使っていく事が多いと思いますが、ホワイトニングコスメにも色々とあります。

ここで化粧品の選び方を間違ってしまうと思ったように取れなくなってしまいます。「でも、時間をかければしみって取れるんでしょ?」と思った方もいるでしょうが、この考えは間違いです。

発見したら適切・迅速に対処するのが濃くさせないポイント

シミは顔の中で濃く目立つので日光が集まりやすくなります。その為、通常の化粧品でお手入れをしても、その働きが薄くなってしまい、逆に濃くなってしまうことも。こういった事態になってしまうと、美白コスメでは手に負えない程に濃く肌に定着してしまうので最初の化粧品選びは慎重に行っていく様にしましょう。

では、どうやって選んでいくと良いのでしょうか。ポイントは口コミで評判の良いアイテムを選ぶ事。インターネットで販売されている化粧品だと、口コミ情報をチェックする事が出来るので、購入前にその商品の効果などを知る事が出来ます。

口コミは実際に商品を使った方の生の感想なので、凄く参考になります。「この商品欲しいけどどうなんだろう?」と迷った時はネットで口コミ情報を検索してみるのが良いですね。そして、この口コミを基準として自分の肌質とも相談しながら商品を選べばほぼ失敗する事はないと思います。

顔のシミの原因とは?

■ 紫外線

しみが出来る一番の原因は紫外線にあります。

私たちは普段外で活動をする事が多いのですが、その際に日光を肌に浴びます。この日光には多量の紫外線が含まれているので、日光を浴びると一緒に紫外線も浴びているわけです。

日光を長時間浴びると日焼けで肌が黒くなりますが、これは日焼けではなく紫外線によって肌が黒くなっているだけの事です。肌のシミを気にしない年ごろだと海にいって意図的に肌を焼いたりしますが、この行為は後々になって後悔するので出来れば止めておきましょう。

日焼けをした後は、肌のターンオーバーによって肌が再生していくので元の色に戻ってきますが、30歳近くになって肌のターンオーバーが衰えてくると今までと同じ様に肌の色が戻る事はなく、しみという形で肌に残ってしまいます。

■ ホルモン

女性限定となりますが、女性は排卵期から月経までの2週間にしみが出来やすくなっています。

女性ホルモンの応対ホルモンと卵胞ホルモンのバランスが乱れやすい時期であり、この時期は、日頃から行っているスキンケアだけでなく、食生活や私生活にも気を付けて体のケアを万全に行う様にしましょう。

■ 遺伝

人によっては遺伝で出来やすい場合もあります。これは親がシミの出来やすい体質でそれを受け継いでいる場合ですね。そうなると少し紫外線が肌にあたっただけでも痕になってしまうので、人一倍そういった面でのスキンケアを徹底して欲しいと思います。

また、体質的にシミが出来やすいとスキンケアだけでは補えないので食生活や私生活にも気を付ける様にしましょう。そうする事で、遺伝で出来やすい方でもシミを防ぐ事が出来ます。

顔のシミ取るには?

顔に出来てしまったシミ。そのまま放置してしまうと、一つのものの周りにまた新しいものがどんどんと出来てきてしまうので、出来たら直ぐにケアをしたいところです。

さてそのケア方法はいくつかあるので、簡単にお話していきたいと思います。

■ 化粧品

まずは美白成分が配合された化粧品を使ったケア。メリットは自宅でのケアが可能と言う事。時間のある時に化粧品を使ってケアが出来るので忙しい方でも毎日の基礎化粧品やそれにプラスすることでしみを放置する事無くお手入れする事が出来ます。

ただ、こういったアイテムはその種類が多いので、前もってリサーチしておかないとあまり効果のないアイテムを選んでしまう危険性も。化粧品を選ぶ時は、その商品の特徴や成分が働きかける理由をシッカリ把握してからにしましょう。

■ エステサロン

次にサロンでのお手入れ。エステのシミ取りコースに申し込めば酷くなったものでもお手入れをする事が出来ます。化粧品ではどうしようもなくなった濃いしみでも取れるのがメリットです。ただ、エステの金額は非常に高く、1つ取るのに何万円もかかってしまうのがデメリット。さらに、エステティシャンの腕が悪いと完全に消えない事もあるのも問題点となっています。

■ 皮膚科

皮膚科でお医者様に濃度の濃いハイドロキノンやしみ専用の軟膏・クリームなどを処方してもらう方法もあります。こちらもレーザーでの施術もあります。もちろん保険適用外ですがシミの種類によって施す内容も異なるのでお医者様とよく相談してみましょう。

■ 自己流

あとは独自のケアですね。王道は化粧品かエステ・皮膚科などになると思いますが、人によっては自分独自のケア方法でお手入れする事もあるみたいです。美白に良いといわれるサプリメントや美容ドリンク、もしくは個人輸入によるハイドロキノンやレチノールなど。今はでは本当に様々なものが手軽に手に入りますからね。

ただ、肌やお手入れについての専門的な知識がなく独自の方法や個人輸入で手に入れた薬剤で気軽にお手入れをしてしまうと、肌を傷つけてしまったり、逆に濃くなったり酷くなる事もあることが言われています。「このしみをなんとかしたい!」というお気持ちはわかりますが、こういった事は本当に気を付けて欲しいと思います。


究極に安全・確実・簡単・安くシミを取るのであれば、化粧品を使ったケアがお勧めです。基礎化粧品というものは毎日使うものですからどちらにしても経費がかかるもの。それを美白・しみ専用のものに変えるだけなので他のエステなどの方法に比べてコストを抑える事が出来るので経済的でもあります。

しみを取る方法として上記にいくつか紹介致しましたが、どれも一長一短な部分はどうしてもあります。「お金はかかってもスグになんとかしたい」「できれば安く済ませたい」「レーザーとかは怖いかも」・・・などなど人によって選択する方法が違うのではないかと思いますが、一つ言えることは「安全性」がしっかりしたものを選んでほしいということ。

「顔のしみ取りをしたい」イコール「きれいになりたい」・・・ですよね?しみを取るためにケアしたことで逆に濃くなったり痕が残ったり他の肌トラブル起こしてしまったりするのは本末転倒です。また、エステや皮膚科などでケアをして綺麗になっても、食事や紫外線対策などの日常生活や化粧品選びをおろそかにしているとまたシミを作ってしまいかねません。正しい予防知識をもって毎日のスキンケアを丁寧にし、自分の肌をいたわってあげるということもぜひ忘れずに行ってほしいと思います。